芸大では絵や彫刻以外にもデザインも学べます。

デザイン科を専攻した場合、将来の就職先にはどのようなものがあるのか知りたい方は多いでしょう。

デザインは様々な場所で活躍する技術なので、芸大卒業後も色々な就職先の候補があります。

・広告代理店

広告代理店はクライアントが望む広告の代理で制作する業界です。

CMやポスター、商品、アプリ、イベント、建築など色々な広告の企画・制作を行います。

デザインを学んでいるのであれば、広告のイメージを作るデザイナーやプランナーと言った仕事が可能です。

広告制作の経験を重ねれば、いずれは制作過程で指揮をとるアートディレクターやクリエイティブディレクターへとキャリアアップもできるでしょう。

・ゲームやアニメ業界

ゲームやアニメ業界では芸大で培われたデザイン力やデッサン力、表現力を活かせます。

例えば、ゲーム会社ではキャラクターや背景のデザインの仕事や、アイデアを絵で視覚化するコンセプトアートなどのビジュアル制作に関わることが可能です。

アニメ業界では、作画をつくるアニメーターだけではなく、アニメキャラのデザインも任されられる可能性があるでしょう。

この他にも、建築分野ならインテリアのデザイン、出版業界では雑誌の企画・制作、表紙のデザインなどの仕事にも就職できます。

まずは自分が何に興味があるのか、何をやってみたいのかはっきりさせ、芸大で学んだことが活かせる就職先を選んでみてください。

おすすめの記事