絵画を販売して稼ぎたいと思っている人の中には、SNSやサイトを活用したいと検討している人もいるでしょう。

実際にSNSやサイトを利用して絵画の販売をし、稼いでいる人がいる事は事実です。

今回は、サイトを使って稼ぐための方法について見ていきましょう。

■クラウドソーシングサービスサイトを活用する

クラウドソーシングサービスサイトでは、イラストの受注を行っているケースもあります。

クラウドソーシングサービスは、仕事を依頼したいと思っている人、仕事を受けたいと思っている人のマッチングをしてくれるため、絵画の仕事も見つけやすいです。

そのようなサービスを提供しているサイトはいくつもあるので、自分のスタイルに合った場所を選ぶと良いでしょう。

■SNSではあまり売れない?

絵画をSNSで販売して稼ぎたいと思っている人もいるでしょう。

しかし、SNSではあまり稼ぐことができません。

なぜかというと、SNSは商品を販売するために作られたアプリやサイトではありませんし、広告が多すぎてどこまで信じて良いか分からないと感じている人も多いためです。

絵画販売の広告を出したとしても、多くの利用者がスルーしてしまう可能性が高いのです。

そのため、SNSで海外を販売して稼ぐのは難しいと考えられます。

絵画を販売して稼ぎたいと考えているのであれば、クラウドソーシングサービスサイトの利用がおすすめです。

その他にも、ダウンロード販売ができるサイトやLINEスタンプにするといった方法もあるので、どの方法が自分に合っているか見極めてみましょう。

おすすめの記事