独創的な絵心と多彩な技術を持って生まれるアート。

そんな美しい絵画を描く仕事を好きで始める人は多いですが、実際のところ、どうしたら稼げるのだろう悩んでいる人も少なくありません。

今回は、絵画で稼ぐために学ぶべきことをご紹介していきます。

■集客力を学ぼう

どんなに素敵な絵画が描けたとしても集客力がなければ、その努力や才能は無駄になってしまいます。

多くの人が興味のあるものと、まったく興味を持たれないものであれば当然たくさんの人から興味を持たれるものの方が強い存在となります。

集客力のアップを目指すのであれば、とことん宣伝しましょう。

SNSやブログなどを活用して自身が描いた絵画の魅力を発信することで、興味を惹き付けることができます

■できる限り多くの作品を販売する

絵画は丹精込めて描いた作品が、月に1つ販売するようでは生活の安定性が求められません。

稼ぎを多くするためには収入の柱を多くする必要があるのです。

1枚の絵に注力するのも大事ですが、複数の絵を販売できるようになると収入はアップしやすくなるでしょう。

また、集客力をアップさせてくれるSNSやブログでの宣伝は、複数の場所、また何回でも投稿すべきだと言えます

数を多くすることで自身の作品を目にする機会を増やせるため、稼ぐための土台が出来上がっていきます。

絵画で稼ぎを心配している人は、まずは宣伝して集客力を高めることを行ってみてはいかがでしょうか?

画力があってもなくても集客力がなければ、稼ぎは伸びません。

ぜひともここでご紹介したことを参考に画家活動を楽しんでいきましょう。

おすすめの記事