個人のブログやホームページで自分が書いた絵を売る人は多いです。

しかし、個人ブログや自身のホームページは知名度が低いと顧客が少なく、なかなか売れないこともあります。

そんな時は、絵が売れるサイトを使ってみるのはいかがでしょうか?

そこで今回は、絵を売りたい人におすすめのサイトをご紹介します。

■SKIMA

SKIMAというサイトは、イラストが欲しいと思っている顧客とイラストレーターをつなげるコミッションサービスです。

絵をイラストレーターや画家に簡単にできるとあって、利用者が増えています。

似顔絵からホームページのロゴ作成まで、イラストに関する内容であれば何でも依頼の受注が可能です。

■ココナラ

ココナラは、自分が得意とすることやスキルを自由に販売できるサイトです。

絵に限らず、BGM作成やブログのロゴ作成など様々なものが販売されています。

SNSで使えるアイコンからキャラクターデザインなど、たくさんの絵が販売されていて、利用者も多いです。

相談フォームや見積もり提案フォームがあるので、顧客が購入する前に絵の見積もりや相談を受けられます。

■イラストAC

イラストACは、素材の絵を中心的に扱っているサイトです。

サイトに使うフレームやイラスト素材などが多くあります。

イラストがダウンロードされるたびに収入を得られる仕組みになっているので、イラストの登録数が多いと収入も多くなります。

しかし、著作権はイラストACに譲渡されるので注意しましょう。

絵を売るのにおすすめのサイトを3つご紹介してきました。

サイトの中には著作権が譲渡される場合もあるので、絵を売る際は規約などを確認しておくと安心です。

おすすめの記事