関東トップの美大・芸大と言えば、東京藝術大学や多摩美術大学が上がります。

同じ美術・芸術に関する知識と技術が身に付く大学ですが、就職率は学校ごとに異なります。

東京芸術大学の特徴

大学の基本情報

大学名:東京芸術大学
本部所在地:東京都台東区上野公園12-8 
設立年(設置認可年):1949
総学生数(学部):2,003人、総学生数(大学院):1,251人、総教員数(本務者):279人

(2019年5月1日現在)
引用元:大学ポートレート

大学の特色

 東京藝術大学は、その前身である東京美術学校、東京音楽学校の創立以来120余年間、我国の芸術教育研究の中枢として、日本文化の伝統とその遺産を守りつつ、西欧の芸術思想及び技術を摂取、融合を図り幾多の優れた芸術家、中等教育から高等教育に亘る芸術分野の教育者・研究者を輩出してきました。
 こうした歴史的経緯を踏まえ、我国唯一の国立総合芸術大学として、創立以来の自由と創造の精神を尊重し、我国の芸術文化の発展について指導的役割を果たすことが、東京藝術大学の使命であると考えています。
 また、この使命の遂行のため、下記のことを基本的な目標としています。
・世界最高水準の芸術教育を行い、高い専門性と豊かな人間性を有した芸術家、芸術分野の教育者・研究者を養成する。
・国内外の芸術教育研究機関や他分野との交流等を行いながら、伝統文化の継承と新しい芸術表現の創造を推進する。
・心豊かな活力ある社会の形成にとって芸術のもつ重要性への理解を促す活動や、市民が芸術に親しむ機会の創出に努め、芸術をもって社会に貢献する。

引用元:大学ポートレート

学部・研究科

【学部】
・美術学部
・音楽学部

【研究科】
・美術研究家
・音楽研究科
・映像研究科
・国際芸術創造研究科

多摩美術大学の特徴

大学の基本情報

大学名:多摩美術大学
本部所在地: 東京都八王子市鑓水2-1723  
設立年(設置認可年):1953
総学生数(学部):4451人、総学生数(大学院):294人

大学の特色

大学の目的として、学則の第一章(総則)の第一条に、「広く造形芸術全般について高度な学理技能を教授研究し、あわせて国際社会に対応する幅広い教養を身に付けた人格の形成を図り、現代社会に貢献する優れた芸術家、デザイナー並びに教育者研究者等を育成する」としている。
また、大学院学則の第三条に、「造形芸術全般について高度な学理技能および応用を教授研究し、その深奥を究めて、文化の進展に寄与する」としている。
教育目標として、専門職業人、独立した作家を育成する上で必要となる、「高い専門性と総合性の融合」を掲げている。

引用元:多摩美術大学HP

学部・研究科

【学部】
・美術学部

【研究科】
・美術学研究科

就職率

東京芸大と多摩美では、就職率はどちらが高いのでしょうか?

2017年の統計になりますが、2校の就職率と進学率は次の通りです。

・東京芸大…就職率18.3%、進学率44.1%

・多摩美…就職率60%、進学率7.9%

2校を比較すると、就職率は圧倒的に多摩美の方が高く、逆に東京芸大は進学率の方が高くなっています。

元々、美大・芸大は「職人」を育成する場ではなく、美術・芸術知識を深めることを目的とした学校です。

その方針は基本的にどこも同じようなものですが、東京芸大は中でもアートスティックな気質が強くあります。

卒業後は有名企業に勤める人もいますが、ほとんどが内部または外部の大学院へ進学するか、留学するかを選択肢、アーティスト活動を続ける人が多いです。

一方、多摩美では就職に直結しやすい生産デザイン科やグラフィックデザイン科、情報デザイン科、総合デザイン科などの学科が充実しています。

メーカーやメディア分野などで活躍できるように育ててくれるので、東京芸大と比べて就職率は高いのだと考えられます。

おわりに

この有名2校以外にも国内には多くの美大が存在しています。

しかし、学校によって特色は全く違うことも多いため、事前に自分の希望と照らし合わせ、入念なチェックをしておいたほうがいいでしょう。

おすすめの記事