本業になるまでのステップアップとして、趣味の延長としてなど、アートを副業にする人が増えています。

効率良く稼ぐには手軽に出品できるネット販売が人気ですが、フリマサイトやハンドメイド販売サイトなどはたくさんあるため、どこにしたら良いか迷ってしまう人もいるでしょう。

ハンドメイド販売サイト最大手の「minne(ミンネ)」や、「Creema(クリーマ)」は女性の利用者が多く、出品されているものも女性向けやキッズ向けのかわいらしいデザインのものが多いです。

男性利用者が比較的多いとされる「iichi(いいち)」は1点1点のクオリティが高く、プロレベルの作品の出品が目立ちます。

フリマアプリの「メルカリ」は利用者層が広く、ターゲットを絞らずに販売できますが、値下げ交渉などのやり取りが発生するので注意が必要です。

どのサイトに出品した場合でもSNSなどでPRしないとほかの作品に埋もれてしまうので宣伝活動は必須になります。

人気のあるサイトにとりあえず出品するというのも手ですが、あまり多くなるとサイトの管理に手間がかかってしまい、アート制作の時間が削られてしまいます。

自分のアート作品をどのサイトで販売したら良いのか迷った時は、自分の作品の傾向に似たサイトを選ぶと稼ぎやすくなります。

おすすめの記事