イラストやハンドメイド作品が得意なら、それを仕事にしたいと考えるのは当然でしょう。

しかし、そういったアートを仕事にすると収入の見通しが立たず、生活がままならないため、躊躇する人が多いのも事実です。

努力が結果に結びつかないのは苦しいものですが、アートで稼ぐには知識が必要になります。

いまは個展などの直接販売だけでなく、インターネットサイトやアプリなどでも手軽に販売できるアート作品ですが、「自分の作品が売れた」という結果が欲しいがために価格を下げてしまう場合があります。

価格が安ければ売れることもあるでしょう。

ですが、それは安いから売れたのであって、自分のアート作品が相手に評価されたから売れたのではないかもしれません。

安易に価格を下げてしまうと正当な評価をしてもらえず、今後の活動が難しくなる場合があります。

アート作品は制作に時間がかかるため、価格を下げてコンスタントに売れてしまうとあっという間に在庫がなくなってしまいます。

そのため、すぐに作品制作に取り組まなくてはなりませんが、価格を下げて販売していると利益にならず制作費用を賄えない事態に陥る危険があるのです。

目先の結果にとらわれず、自分の評価を上げることを優先に活動を続けることが、アートで稼ぐための必須事項といえるでしょう。

おすすめの記事