絵を描くことを仕事にしているという人の中には、今よりも仕事の幅を広げたいという人もいるでしょう。

仕事の幅を広げる際に人脈や技術も大事ですが、英語も話せた方が良いということはご存知ですか?

今回は英語が話せることと、絵を描く仕事の幅が増えることについて解説します。

画家やイラストレーターなど、絵を描く仕事を行っている人は自分の絵を見てもらうことで評価してもらい、仕事を得ることができます。

自分の絵を多くの人に見てもらうために手段として、インターネットやSNSで発信しているという人も多いでしょう。

簡単に不特定多数の人の目に触れることができ、その中には海外の方も含まれています。

特に絵画やアートは、日本より海外の方が高い関心を持っている場合があります。

SNSなどで海外の人から評価を得たとしても、コミュニケーションツールがなければ実際に依頼へとつながることは少ないです。

イラストレーターを募集している会社の中には海外との取引も行うため、英語が話せると仕事の幅も広がりやすくなります。

簡単に海外とつながるグローバルな社会だからこそ、英語が話せることで海外とのつながりを持てて、仕事の幅も広がります。

今後新しいスキルに挑戦したい方は、英語も身に付けてみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事