絵を描く仕事は常に需要があります。

働き方改革が進む中、副業を解禁する企業も増えて副業に絵を描く仕事を選ぶ人も増えています。

■副業ならリスクヘッジしやすい

需要の高い業界とは言え、絵を描く仕事を続けたいなら継続して案件を獲得できる営業力が必要です。

自分の魅力を売り込んで顧客を獲得しなければ、絵を描くことを仕事にはできません。

今はインターネット社会なので、誰でも絵を描く仕事がしやすい環境です。

そのため、絵を描く仕事をするライバルはたくさんいます。

万が一、絵を描く仕事からの収入が見込みよりも少ないといった事態に陥っても、副業なら別の収入源があるため安心です。

リスクヘッジをしたいなら副業として絵を描く仕事を続けましょう。

■絵を描く仕事を本業にするなら圧倒的な営業力が必要

本業として絵を描く仕事を続けたいなら、営業スキルは必須です。

仕事を確保する力がないと、本業としては成り立ちません。

本業に転身したい場合、取引先は少なくとも3社以上確保してください。

自分自身の魅力をしっかりと把握した上で、幅広く実力をアピールしましょう。

営業活動が苦手なら、本業として絵を描く仕事を続けることは難しいと言えます。

絵を描く仕事は副業・本業を問わず、いかに顧客が確保できるかが成功の分かれ道です。

自分自身の強みを理解し、積極的にアピールしていきましょう。

おすすめの記事