絵を描く仕事をしたいと思っている人の中には、雇用形態が気になっている人も多いでしょう。

絵を描く仕事となると、正社員ではなくバイトとしての雇用がほとんどというのは本当なのでしょうか?

今回は絵を描く仕事にはバイトが多いのかご紹介していきます。

画家やイラストレーターなどの絵を描く仕事をしている人は会社に属しているのではなく、フリーランスで行っているケースが多いです。

フリーランスで仕事を行っている場合、会社に雇用されているわけではなく「業務委託」という業務形態になります。

バイトは会社に雇用されている必要があるため、個人事業主としてクライアントから仕事をもらっているフリーランスは、バイトとは異なります。

個展を開いて絵を売って生活している画家などは、まさにフリーランスの典型です。

しかし、イラストレーターやグラフィックデザイナーを業務委託ではなく、会社で雇用しているところも存在します。

アプリ開発・IT・デザイン会社に多く、雇用形態はバイトやパートの他にも契約社員や派遣社員の形態を取っている場合もあるので、決して絵を描く仕事はバイトが多いわけではないのです。

絵を描く仕事はバイトが多いのかご紹介してきましたが、近年は様々な働き方が増えており、決してバイトだけが多いというわけではありません。

自分の技術やスキルなどと向き合いつつ、無理のない業務形態を選びましょう。

おすすめの記事