自分が描いたイラストを販売するためにはサイトを活用すると便利です。

イラスト関連の案件が多いサイトをいくつかご紹介しましょう。

・クラウドワークス

仕事を探す人、してほしい人をマッチングさせるサービスを行っている会社です。

利用企業は政府や大企業など70万社以上もあり、多くの案件の中から自分に合う案件を見つけられます。

・ランサーズ

利用満足度が高く実績も多くある信頼できる材料が多い会社です。

イラスト制作やキャラクターデザインなどの案件があります。

一定基準の条件を満たすと認定ランサーの称号が与えられ、より多く稼ぐことにつながります。

・イラストAC

無料でイラストをダウンロードできるサイトで、クリエイター登録をすることで、イラストを提供することができます。

サイトを利用したユーザーが、自分のイラストを選んでダウンロードすると報酬が得られる仕組みです。

ユーザーに認められた場合には、ユーザーとの間で直接イラストの仕事をもらうことも可能です。

・ココナラ

スキルや知識の売買ができるオンラインのフリーマーケットです。

イラスト募集の案件だけではなく、自分を売り込んで依頼をもらう方法があります。

似顔絵やキャラクターデザイン、アイコンなど、自分の得意とする仕事ができるでしょう。

イラストを副業とする場合、多くのサイトが活用できるので自分に合ったサイトを探せます。

始めたばかりであれば、複数のサイトに登録し併用していくことでより稼ぐことができるでしょう。

おすすめの記事