美大卒者は、デザインや画力のスキルを持っている人が多いため、就職先として有利になる業種があります。

どのような業種で美大卒だと有利に働くのかご紹介しましょう。

■美大卒で有利な業種

最近美大卒者の需要が高まりつつあるのは、アニメ・ゲーム業界です。

スマホゲームが人気コンテンツとなり、画力やプログラミング、CGスキルなどを持っている美大生は有利な就職先です。

また、Webデザインやグラフィックデザインなどのスキルがある美大生は、インターネットメディア系の業種でも求人が増えています。

建築やインテリア系の業種も、デザイン事務所や大手の家具メーカーなどデザイン能力が求められる職種なので就職先に有利です。

■デザイン系の学科は就職に有利に働く

同じ美大卒でも、学科によって就職先の有利・不利が分かれるという一面もあります。

油絵や日本画、彫刻などのファインアート系の学科よりも、グラフィックデザインやプロテクトデザイン、建築デザイン、Webデザインなどのスキルがあるデザイン系の学科の方が、一般企業への就職は有利です。

近年ではインターネットの普及により様々なデザインスキルを必要とする企業が増えています。

高いスキルや経験を求めて、美大卒者を積極的に採用する一般企業も多いです。

ファインアート系の学科の美大生も、デッサン力やデザインスキルを身に付けていれば就職に有利になるでしょう。

おすすめの記事