美大では、芸術やデザインに関する専門知識や資格の取得が可能です。

美大と言っても就職先には様々な選択肢があり、したい仕事によっても就職が有利になる資格は異なります。

主にどのような資格を得ると就職が有利になるのか、おすすめの資格をご紹介しましょう。

・ファッションやアパレル系の場合

ファッション・アパレル系でデザイナーをする場合、ファッション色彩検定やカラーコーディネーター、ファッションビジネス能力検定、パターメイキング、洋裁技術認定試験などがあると有利です。

他にも、デザインをする際にPhotoshopやillustratorなどのソフトを使うので、ソフト関係の資格を取得するのも良いでしょう。

・インテリアや建築系の場合

建築学科であれば、インテリアデザイナーや設計士を目指せます。

インテリアデザイナーは空間をデザインする仕事なので、民間のインテリアデザイナーやコーディネーター、プランナーを目指すと良いでしょう。

他にもカラーコーディネーターの資格は、仕事や就職に役立ちます。

また、設計士になりたいのであれば、卒業後に一級・二級建築士・木造建築士の資格が必要です。

他にも福祉環境コーディネーターや建築設備士、建築施工管理技士などの関連資格もあると、仕事の幅が広がります。

・メディア系の場合

ゲームや広告などのグラフィックデザイナーを目指すなら、Photoshopやillustratorなどのソフトの資格や、印刷物のデータ作成にかかわるDTP関係の資格がおすすめです。

この他にもゲーム・映像関係ならCGクリエイター検定や色彩検定、画像処理エンジニア検定などの資格があると就職に有利です。

おすすめの記事