画家は作品を生み出すためにアトリエで1人作業を行うイメージがありますが、最近では画家を募集する求人も見られるようになりました。

しかし、そうは言っても他の職種に比べると求人数は少なく、なかなか見つからないものです。

画家として働きたい場合、どのようにして画家求人を見つければ良いのでしょうか?

今回は、画家求人の見つけ方についてご紹介します。

■求人サイトで検索してみよう

画家の求人を見つけるなら、まずは求人サイトを使って応募がないかどうか調べてみましょう。

求人サイトには詳細な検索項目が設けられており、例えば雇用形態や給与、未経験・シニア歓迎など、こだわりの条件から検索することができます。

また、キーワードに「画家」と入力し自分の現在地域も入れて検索すれば、自分が済んでいる地域周辺の画家求人を見つけられるでしょう。

■公募展などで入選を繰り返すと仕事も入りやすくなる

一般的な求人サイトで画家の求人を見つけるのは大変ですが、画家同士のつながりや公募展の入選から仕事が舞い込んでくることもあります。

特に、入選することで多くの人に作品を知ってもらえるようになると美術団体から会員資格も得られるようになり、仕事はさらに入りやすくなるでしょう。

今回は画家求人の見つけ方についてご紹介しましたが、画家求人を見つけるのはそれほど簡単なものではありません。

まずは自分の腕を磨き、公募展への入選や個展開催を目指しながら求人を探していきましょう。

おすすめの記事