画家という仕事は収入が安定しませんが、有名になれば1枚の絵が数百万で売れることもあります。

しかし、有名になるまではとても大変で、収入源が画家だけだと生計を立てられないケースも多いです。

そこで今回は、求人サイトなどでも見つかる画家求人の仕事内容についてご紹介しましょう。

■画家の仕事

画家の仕事は文字通り絵を描くことで、描く絵によって絵の具や絵筆、紙などの画材を変えます。

近年ではこうした画材を用いらず、デジタルで絵画を描いている「デジタル画家」と呼ばれる人も増えてきました。

美術団体に所属していれば、団体が主催する展示会に出品したり、所属していなくても個展などを開いて絵を売ったりすることで収入が得られます。

■画家求人の仕事

画家求人は「画家」と付いていますが実際の画家として絵を描く求人は非常に少なく、画家関連の仕事である場合が多いです。

ただしイラストレーターやグラフィックデザイナーになると、絵を描くスキルが求められます。

画家求人を探してみると、絵画の販売やアートギャラリー・展示会・画廊のスタッフなど、何らかの形で絵に関わる仕事に就いています。

絵画の販売画廊の仕事は絵画に対する知識が要求されるので、画家として培った知識を活かせるでしょう。

画家求人というのは一つの職業ではなく、総称としての呼び方です。

画家としての技術や知識は絵を描くこと以外でも活かせるでしょう。

おすすめの記事