絵を描いて売りお金を稼ぐ画家になりたい場合、何か資格を取得した方が良いのでしょうか?

画家の求人募集にも様々な種類がありますが、今回は一般的に必要な資格があるのかどうかを解説していきます。

これから画家の仕事を始めたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

■画家になるのに資格は不要

画家というのは決まった資格を必要とせず、自分が「画家」と名乗れば画家になれます。

画家になること自体は資格や学歴、年齢も問わないため難しくないのですが、画家を専業にするのはコンクールで入選したり、自分の作品を売ったりしなくてはならないため大変だと言われています。

■画家の求人募集で資格が必要なケースは?

画家自体に資格はありませんが、これは求人募集でも同じことが言えます。

基本的に画家の求人募集で、応募条件に資格に関する項目が入ることはほとんどありません。

ただし、絵画教室のような人に絵を教える仕事となると、大学で美術専攻している、もしくは卒業生であることを条件にしている場合があります。

資格ではないものの、こうした学歴が必要となってくる可能性があるので注意しましょう。

基本的に画家の求人募集には資格を必要としないため、応募しやすい求人が多く見られます。

その中から自分に合う条件の求人を探していきましょう。

おすすめの記事