絵や芸術に興味を持っている方の中には、「画家」という職業を考えている方もいるのではないでしょうか?

画家のような実力勝負の世界では給料の心配もあるでしょう。

今回は一般的な画家求人の給料についてご紹介します。

■画家としての収入

画家は企業から求人を募集されるというよりはフリーランスで仕事を行っている人が多く、収入は実力に左右されます。

実力によって1枚の絵が数千円~数百万円となることもあり、新人の場合は高くても1枚数万円程度です。

そのため、画家の収入で一般的なサラリーマンほどの年収を上げている場合、画家として成功していると言えるでしょう。

■画家求人の収入はどれくらい?

画家としての求人というものの数は少なく、画家の人の中には画廊や、アートギャラリーの職員・絵画の営業・学芸員・絵画教室のスタッフなどをして収入を得ている人がいます。

絵を描く職業ではイラストレーターなどが求人として挙げられます。

月収は20~30万円の間が相場なので、一般的な職種と同程度の収入はもらえるでしょう。

絵画の販売や学芸員、絵画教室のスタッフであれば、画家として身に付けた知識を活かし、さらなる収入につなげることも可能です。

画家として安定した収入を上げることは有名にならなければ難しいですが、画家としての知識を活かすことで、安定した収入を得るという道もあります。

画家を専業にするのが難しい場合は、絵画に関連する求人を見つけ、働きながら絵のスキルを磨いていきましょう。

おすすめの記事