イラストを売るなら、あなた自身の作風がどのような客層のニーズに合うのかを考える必要があります。

ニーズに合わない客層にアプローチし続けても、思ったような結果を手に入れることができない可能性が高いためです。

では、イラストを売る人に知ってほしい客層を考える重要性についてみていきましょう。

■客層は売る前に考える

客層は、イラストを売る前に考えておいた方が良いと言われています。

なぜかというと、男性が多く利用する店で女性受けするイラストを販売しても購入してもらえないだけではなく、興味すら持ってもらえない可能性もあります。

時間をかけて手掛けたイラストをできるだけ多くの人に見てもらいたいと思うなら、売る前に客層を考えるようにしましょう。

男性向けなのか女性向けなのか、若い人向けなのかある程度年齢が高い人向けなのか、キャラクター系なのかアート系なのかといったように、大きな括りで考えてみてはいかがでしょうか?

性別や年齢が絞られていくと、必然的にどこで売るのが理想的なのか見えてくるはずです。

■バリエーションを増やしてみるのも売るための戦略

特定の客層にアプローチしてファンを増やすのも良いですが、イラストのバリエーションを増やして幅広い客層の心を掴みに行くという戦略もあります。

どちらの方があっているかは人によって違うため、あなたに合った方法で客層を見極めてみてください。

イラストを売る前にどのような客層のニーズに合うかしっかりと見極めることで、イラストで稼げる可能性が高まります。

売る前にどの客層にアプローチするのが効果的なのかぜひ考えてみてください。

おすすめの記事