イラストの仕事は基本的にクライアントや企業が求める図案・絵柄で、様々な媒体に掲載するイラストを描いていきます。

イラストレーターはオフィスでイラストを仕上げるだけでなく、在宅勤務を選んでイラストに取り組まれているケースも多いです。

そのため、イラストの仕事は在宅でも十分に可能であり、むしろ在宅に適した仕事と言えるでしょう。

ただし、いくらイラストの仕事が在宅でも可能だからと言って、気を付けなくてはならない点もあります。

■最低限のビジネスマナーは身に付ける

企業に就職しテレワークでイラストを描く仕事をしているのであれば問題ないかと思いますが、フリーランスでイラストレーターになるならクライアントとのやり取りが重要となってくるため、最低限のビジネスマナーを身に付けておかなくてはなりません。

在宅だとつい気が緩みがちになってしまいますが、メールや電話などでクライアントとやり取りする際にはマナーを守って丁寧に行いましょう。

■責任感を持って仕事をする

在宅は会社勤務よりも自由度が高くなります。

その反面、自己管理が必要となってくるため責任感を持ちながらイラストを描く仕事をしていく必要があります。

責任感を持つためにも、イラスト以外に必要な業務(財務管理やスケジュール管理)もしっかりとこなしましょう。

イラストを描く仕事は在宅でも可能ですが、その分自己管理が必要です。

好きなことを趣味から仕事にしたい場合は、自己管理やビジネスマナーなどを身に付けてから仕事にしてみると良いでしょう。

おすすめの記事