イラストが好きな人の中には「イラストレーター」という職業に興味を持っている方も多いでしょう。

本格的にイラストを仕事にするのであれば、イラストレーターの年収は気になるところです。

そこで今回は、イラストレーターの年収について解説していきましょう。

イラストレーターはフリーランスで働く人が多い職業で、人によって仕事量や単価が違うので、収入にかなりのばらつきが出ます。

求人サイトなどに記載されている平均年収にもばらつきがあり、200~450万円が年収の相場となっています。

イラストレーターの収入はランクによって大きく左右し、イラストレーターとして名が知られている人なら1枚5~10万円、中堅クラスなら1枚3~5万円が相場のようです。

フリーランスの場合は、大企業などつながりがあると安定した収入を得ることもできます。

イラストレーターはフリーランスが多い職業ですが、一部はデザイン事務所や広告代理店・印刷会社・コンテンツ制作会社などに勤務し、イラストレーターとして働いている人もいます。

会社勤めのイラストレーターの場合、平均年収は300~500万円のケースが多いです。

イラストレーターの収入は仕事内容によって大きく異なります。

ただし、それなりの年収を得るためにはある程度名前が売れている必要があるでしょう。

名前を売るためにも、イラストをブログやSNSを使って発信し、多くの人から認知されることが大切です。

おすすめの記事