イラストの仕事が来たのは良かったものの、どのように受けたらいいか分からないという方もいるでしょう。

今回は、イラストの仕事が来た時の受け方についてご紹介します。

■仕事の内容の確認

イラストの仕事が来た時には、必ず仕事の内容やそのイラストがどのような用途で使われるかを確認してください。

内容や用途によっては自分の専門ではない分野・技術を要求されることがあります。

用途がソーシャルゲームなどで、現在稼働しているものならば、ゲームの世界観やキャラクターのテイストを合わせることが要求されることもあるでしょう。

仕事の内容や用途を確認することで、クライアントがどのような作品を要求しているかを明確化することができるため、確実にチェックしてください。

■分かりやすい見積もり

仕事を受ける際にはこちらから先にクライアントに単価や納期を提示することが大切です。

クライアント側からすれば、経費を抑えたいので安い金額を提示してきます。

一度提示された金額を高く引き上げようとするのは難しいです。

自分が絵を完成させるための労力や絵の難易度などを踏まえて、納得のいく金額を提示しましょう。

その際にサンプルが付いていれば、クライアントにも分かりやすい見積もりとなるので、スムーズな交渉につながります。

今回はイラストの仕事の受け方を紹介してきました。

スムーズな対応や自分の仕事の領域にあっているかを確認し、無理なく仕事を行いましょう。

おすすめの記事