アパレルと言われるファッション業界には、美大を卒業した人が多く就職すると言われています。

なぜ、美大の卒業生が多く就職しているのでしょうか?

今回は、美大を卒業した人が多く就職する理由についてご紹介します。

■美大生の中にはファッション業界を目指す人がいる

ファッション業界は、美大生の中でも人気が高い就職先の1つです。

美大生の中には、入学当初からデザイナーなどのファッション業界を目指している学生もいます。

美大ではグラフィックやイラストなど、デザインを中心に習う授業もあります。

自分の創造力を育みながら様々なデザインを描いていくスキルは、デザインを一から作り上げるファッション業界に向いています。

■学生のころからデザインについて学べる

美大では、入学したころからデザインについて一から学べます。

デザインの基礎を身に付けておくと、ファッション業界の就職に有利です。

ファッション業界は、デザインの基礎ができている美大生を多く採用します。

なぜなら、デザインの基礎ができている美大生は、企業のデザイナーとして即戦力になるからです。

ゼロから作り上げることが多いデザイナーは、自分の創造力が武器になります。

創造力が育まれている美大生は、ファッション業界でも活躍できるでしょう。

美大の卒業生は、デザインの基礎がしっかりしています。

そのため、アパレルなどのファッション業界に就職する卒業生が多い現状があります。

おすすめの記事