美術館へ就職と言えば真っ先に学芸員が思い浮かぶのではないでしょうか?

確かに、日本の美術館に就職するためには、学芸員の資格を保有していることが採用の最低基準になっています。

しかし、学芸員の資格を取りさえすれば美術館に就職できるわけではありません。

なぜなら、多くの美術館では毎年必ず募集をしているわけではないからです。

専門性の高い学芸員のポストは空きにくく、正規採用されることは簡単ではありません。

もし、美術館に就職できた場合、学芸員としての本来業務以外にも様々な仕事をこなすことになります。

本来の役割は展示や調査、研究ですが、そのほかに雑務や事務なども担当します。

そして、日本の学芸員の平均月収は15~20万円です。

学芸員として美術館に就職することは簡単ではなく、待遇も厳しいものの、芸術の仕事に携われる憧れの職場であることには変わりありません。

学芸員の資格はないけれど美術館に関わって働きたいなら、外注の仕事を選んでみましょう。

例えば、美術品のメンテナンスをする保存補修家、図録を作成する出版社のスタッフ、展覧会の設営をする大道具職人、美術品の搬入を担当する運送のプロなども、美術館で働いています。

芸術が好きという熱い思いを大切に、美術館での就職や美術館に関わる職業をぜひ目指してみてください。

おすすめの記事