美大の既卒者の中には、デザイナーや職人で活躍する人がいる一方で、卒業後も就職活動が難航する人がまれにいます。

元々クリエイター・職人気質の強い人の場合、コミュニケーション不足であったり、制作を除く仕事以外の熱意が薄かったり、自分に自信が持てないなどの問題を抱えている場合があります。

また、美術・芸術を通じての表現力は優れていても、面接など採用で重視される自己表現が下手な人も多いです。

美大生の全てがそうではありませんが、クリエイター・職人の意識が強く過ぎて就職活動が上手くいかない既卒者は少なくありません。

では、就活が上手くいかなかった美大既卒者はどのように就活を進めればいいのでしょうか?

経営・マネジメント知識があれば、フリーランスで働くのも良いでしょう。

広い人脈と信頼があれば、人からの紹介・推薦を通じて就職や仕事につながる可能性もあります。

安定優先で企業に勤めたいのであれば、既卒や第二新卒、クリエイターへのサポートが充実した転職エージェントの活用も良いでしょう。

転職エージェントの場合、スタッフがクリエイターにマッチした企業の紹介してくれます。

面接指導や履歴書の添削など就活を様々な面でサポートしてくれるので、就活に難航する美大既卒者にもピッタリです。

自分に合った方法で美大既卒者も就職先や仕事を見つけていきましょう。

おすすめの記事