絵を描く仕事と一口に言っても様々な種類があります。

アナログなのか、デジタルなのかという違いもありますし、オリジナルがメインなのか、クライアントの意向に沿ったものなのかという違いもあります。

様々な仕事・職種がある中で、今回はイラストレーターに着目してご紹介していきましょう。

絵を描く仕事の中でも近年仕事が増えているのがイラストレーターです。

例えば雑誌の表紙や本の挿絵、カバーイラスト、広告など、様々なシーンでイラストが活用されています。

無料で配布されているイラストもありますが、よりオリジナリティを出すためにイラストレーターを専属で付けてオリジナルのイラストを描いてもらうケースが多いです。

フリーで働いている方は多いものの、企業に勤めてイラストを描いている方もいます。

フリーランスでも企業に勤めていても、どちらも求められていることは商品・サービスのニーズを理解し、クライアントの意向に沿うようなイラストが描けるかどうかが重要です。

もちろんオリジナルティを出すことも大切ですが、クライアントから依頼されて作品を作っていると意識しなくてはならないでしょう。

収入に関しては、仕事の内容によっても異なりますがカット1点数千円単位になり、年収300~500万円の方が多いです。

近年は絵を描く仕事をフリーランスや副業で手掛ける人が増えてきました。

他の人と差を付けるためにも、スキルアップを目指していきましょう。

おすすめの記事