絵を描くことが好きな人は、将来は絵に関わる仕事をしたいと考えている人が多いことでしょう。

好きなことを仕事にする喜びはとても素晴らしいもので、大好きな絵に関わっているだけでも毎日充実した日々を過ごせます。

そんな絵を描く仕事には様々なものがあります。

・イラストレーター

・漫画家

・絵本作家

・アニメーター

・キャラクターデザイナー

・CGクリエイター

・グラフィックデザイナー

・ウェブデザイナー

・ファッションデザイナー

・コンセプトアーティスト

上記のように多くの仕事があるのです。

絵を描く仕事をするとなったら気になるのが収入の問題です。

たとえ大好きな仕事であっても収入が良くなければ続けるのは困難となるでしょう。

絵を描く仕事の中には作品がヒットすれば高収入となる仕事もあり、一概にはこのくらいのお金がもらえるという情報を述べることができないのです。

ただ、絵を描きたい多くの人が就いている職業であるイラストレーターは、企業に勤務すれば年収は大体300万円~500万円ほどになるそうです。

フリーランスで活躍となると正直数万円しか稼げない人もいます。

大体このくらいという基準はないですが、自身が書いた絵を追究していきながら人気の高い作品を数多く作りだすことができれば、年収1000万円をも超える夢のある仕事です。

おすすめの記事