画家として生計を立てることが一番理想的ですが、駆け出しではそこまで大きな収入は期待できません。

そのため、活動が軌道に乗るまではアルバイトをするという人も多くいます。

今回は、画家としての知識を活かせるアルバイトの求人にはどのようなものがあるのかご紹介しましょう。

■子どもへの絵画指導

美大や美術短大、教育大学の美術系専攻を卒業している人であれば、子どもへの絵画指導のアルバイトがおすすめです。

絵画教室の講師もしくはアシスタント講師として子どもたちに絵画の楽しさを伝える仕事なので、絵を描くことが好きな人にとってはとても楽しめる仕事だと言えるでしょう。

■似顔絵アーティスト

イベント会場などで似顔絵を描いている似顔絵アーティストの求人もあります。

ただ絵が描けるだけではなく、接客もしなければいけないため、大変な部分はあるでしょう。

しかし、似顔絵を描くことで多くの人に喜んでもらえるのは、とてもやりがいを感じられます。

■絵画制作助手

めったにない求人ですが、絵画制作助手のアルバイトもあります。

自分自身で作品作りをするだけではなく、他の人の作品作りを間近で見られるため、スキルアップにも役立ちます。

美大卒業生が多い職場で働けるという点も、魅力の1つだと言えるでしょう。

画家がアルバイトを探す場合、スキルアップができるかどうかも重要なポイントになります。

そのため、今回紹介したようなアルバイトは特におすすめです。

おすすめの記事