趣味の延長で描いたイラストでわずかでも収入を得られるなら、それは立派な副業といえるでしょう。

イラストレーターとして副業をするにはどうしたらいいのか、ご紹介します。

イラストレーターを副業とした時にまず悩むのが案件探しです。

ツテやコネがあれば別ですが、多くの人は自分で自分のイラストを売り込まなくては収入を得られません。

そこで初心者におすすめなのが、クラウドソーシングサービスの利用です。

案件の種類が豊富、単価が高めなど、様々な特色を持ったプラットフォームが多くあるので、自分にあった依頼を見つけることができるでしょう。

自分から案件を探しに行くのではなく、自作のイラストを出品し、販売できるサービスもあります。

イラストを買いたい人が誰でも見られるので、個人や中小企業といったクラウドソーシングサービスでは出会えない相手ともやり取りができます。

しかも、評判が良ければ継続して案件を獲得できることもあり、初心者の実績作りに有効です。

競合相手の多いイラストレーターは、初めのうちはまとまった収入を得にくいかもしれません。

しかし、地道に実績を重ねることでこなせる案件も増えていくので、コツコツと努力することがイラストレーターを副業として成り立たせる近道と言えるでしょう。

おすすめの記事