イラストレーターを目指している人の中で、給料について不安を感じている人も多いでしょう。

イラストレーターには、フリーランスと会社員の2つがあります。

会社員として働いているイラストレーターの平均年収は、364万円です。

日本の平均年収と比べると低いと言えるでしょう。

月の給料で換算すると、30万円が相場です。

初任給の場合は、20万円ほどが相場となっています。

都心では、派遣社員やアルバイト・パートとしても雇っている場合があり、派遣社員としての平均時給は1,500円です。

アルバイト・パートの平均時給は、1,000円程が相場となります。

一方、フリーランスで働いているイラストレーターの年収は、100~300万円と個人によって様々です。

しかし、中には100万円以下のフリーイラストレーターもいます。

理由として、フリーランスのイラストレーターは単価を重視して、仕事をこなしているからです。

単価は仕事内容だけではなく、イラストレーターの実力や実績によって変動します。

人気になればなるほど、単価も高くなっていきます。

このように会社員イラストレーターかフリーイラストレーターかによって給料は異なります。

給料が多い方が良いという方は、会社員としてイラストレーターになることをおすすめします。

おすすめの記事