『pixiv』は、イラストレーターにとってなくてはならないサイトです。

自分の作品を投稿し、宣伝するためのサービスにより仕事の依頼が来ることもあります。

しかし、『pixiv』で仕事を待っているだけでは依頼が来ないこともあるでしょう。

では、どうしたら 『pixiv』 を有効活用できるでしょうか?

この記事で説明していこうと思います!

目次
  • 『pixiv』は作品を投稿できるSNS
  • イラストを多くの人に見てもらうには?
  • 地道な営業活動も大事
  • まとめ

『pixiv』は作品を投稿できるSNS

絵を売る アプリ

イラストレーターになるには、自身のイラストを投稿できる『pixiv』を積極的に利用していくべきです。

『pixiv』は、イラストや漫画、小説などの作品を投稿し、多くの人に見てもらえるSNSサービスです。

クリエイターが作品を投稿し、ファンが応援する仕組みによって、創作活動をより楽しくすることを目的としています。

また、多言語対応しており、日本語の他に、英語、中国語、韓国語、フランス語、ロシア語の7つの言語に対応しています。

こんなに優れているのに、登録・利用費用はかかりません!

メールアドレスやTwitter、Facebookのアカウントがあれば誰でも簡単に登録できます!

プロアマ問わず多様な方が登録しており、自由に自作のイラストを公開できます。

イラストを多くの人に見てもらうには?

『pixiv』で仕事の依頼をもらうためには 、多くの人に見てもらわなければなりません。

そこで大切になってくるのが、”プロフィールの書き方”です。

そこでおすすめなのが、 「仕事をお引き受けします」などと記載しておくことです。

メールアドレスの入力や自己紹介欄にそれを記載しておくと、発注者側には一目瞭然なので依頼しやすくなります。

もう一つ、”タグをつけること”です。

ここが結構重要になってきます。画像を検索するときに、そのタグ経由でヒットするからです。

自分の作品にはどういうキーワードが適していて、自分だったらどんなワードで作品を検索するかを考えてみましょう。

例えば「アメリカン」「クール」といった形で自分の絵のイメージに合ったタグをつけると、ほかのユーザーに見つけられやすいです。

よく考え、最適なタグをつけましょう!

地道な営業活動も大事

独立できるイラストレーターになるには、地道な営業活動も必要です。

『pixiv』に作品を投稿して待っているだけでは、依頼が来ないこともあります。

発注者側は「絵が上手いか」だけでなく、ビジネスマナーや積極的な行動など人間性も見ているため、作品だけでは依頼に躊躇してしまうのです。

コミュニケーション力など、自分を知ってもらう営業活動も合わせてしていきましょう。

イラストレーターになるには不可欠のサービスなので積極的に使いつつ、地道な営業もしていきましょう。

まとめ

まとめると、

  • イラストレーターになりたいならpixivを活用しましょう。登録・利用は無料です。
  • プロフィールやタグを工夫して多くの人に見てもらいましょう。
  • 営業にも精力的に取り組みましょう

イラストレーターの多くは、作品を宣伝できる『pixiv』を利用しています。

あなたも積極的に活用することでイラストレーターへの道が開けるでしょう。

おすすめの記事