30歳になってから「イラストレーターになりたい」というのは、無理な目標なのでしょうか?

実はそんなことはなく、世の中には30代からイラストを本業にした人もいます。

全く違う業種で働いていても、全然可能性はあるんです。

この記事は、

・無理かと思ってたけど本当はイラストレーターになりたい!
・別業界だけれども、イラストレーターに転向したい!

という方に向けた内容となっております。

そこで今回は、30歳からイラストレーターを目指す方法について解説します。

まずは、ご紹介する手順で始めていきましょう。

目次
  • デジタル環境をつくる
  • 発信先をつくる
  • 転職サイトを活用する
  • まとめ

デジタル環境をつくる

イラストレーターになりたいのであれば、デジタル環境を整備する必要があります。

パソコンやタブレット、タッチペン、絵描きソフトなどを用意しましょう。

外出先で仕事がしたい人は、ノートパソコンにしておくと便利です。

個人的には、iPadとapple pencilがおすすめです!

iPadの利点として

  • ペンの反応が良いからストレスがかからない
  • 紙のような書き心地のフィルム使用でさらに快適
  • 豊富なアプリのラインナップ
  • 画像シェアがしやすい
  • 携帯(iPhone)との連動性
  • 仕事のスピードアップ

などが挙げられます。

是非はじめと一歩として購入してみてください!

発信先をつくる

イラストを制作する環境が整ったら、次は作品を宣伝する場所をつくります。

SNSヤブログなどで情報発信している人は多く、最近ではよく見かけるようになりました。

ではなぜ、発信先を作る必要があるのでしょう?

そこには3つの理由があります。

  1. ネットで見たイラストきっかけに仕事の依頼が来る
  2. アーティストとしての自分の成長を多くの方に応援してもらえる
  3. 世に出し評価を受けることで試行錯誤ができる

上記のように、あなたのアーティストとしての発展に”発信の継続”は欠かせません。

まずはしっかり環境を整え、万全の態勢を作りましょう!

転職サイトを活用する

30歳とはいえ、事情により独立するのが難しい場合もあります。

その際は転職サイトで、正社員の募集がないか探してみましょう。

クリエイティブ職が探しやすいサイトもいくつかあるので、登録だけでもしておくと一歩前に進みます。

転職エージェントだと担当者が相談に乗ってくれるので、安心感もあります。

決して無理な目標ではないので、チャレンジのしがいがあります。

自身のキャリアの開き方は多種多様です。

是非、一度立ち寄ってみてください!

まとめ

  • デジタル環境を作る
  • 発信先を作る
  • 転職サイトを活用する

私はこのようなステップを推奨します。

しかし、必ずしもこの通りにやるべきとは限りません。

あなたのなりたい姿がきっとあるはずです。

そこから逆算して、この記事の内容が必要になり、あなたの活躍の助けになれば幸いです。

そのために、最も大事なことが”行動力”です。行動なくしては変化も成功ありません。

「まずは何かやってみる」その心掛けが一番大事かもしれません。

確かに、新しいことを始めるには勇気が必要です。

しかし、この記事を見ているということは既に一歩踏み出しているのです。

また次へと行動を起こしましょう。そうすれば必ず道が切り開かれます。

最後になりますが、あなたのご活躍を心よりお祈りしています。

おすすめの記事