美大には、将来的にイラストレーターやデザイン関連の職種を目指す人が多く学んでいます。

しかし、美大で就職失敗したら、働ける職業がないのではないかと不安になる人もいるでしょう。

美大には様々な学科や学部があり、デザイン系と油絵などを学ぶファイン系があります。

好きな分野に関して学んで仕事にも活かしたいと思うため、美大生の就職先も似たようなジャンルの会社になりがちです。

そのため競争率も高くなり、就職失敗につながることもあります。

しかし、最近は美大で学んだ内容を活かせるフィールドが広がっています。

職種としてはアパレル系やランジェリーメーカー、ジュエリーブランドや放送メディアなどもあり、様々な形で活躍する美大出身者が多いです。

他にも大手スポーツメーカーや人形、着物といった和のジャンルでも美大出身者が活躍しています。

大手テレビ局やネットコンテンツを提供する会社、ゲーム会社や映画製作会社なども多く、最近は美大=画家や芸術家とはならないようです。

また、スマホアプリやゲームデザインの仕事が多く、関連会社からの求人も多くあります。

美大で学んだ内容は様々なジャンルの職種で重宝されているので、就職失敗に繋がるケースはほとんどありません。

美大での経験を活かせる就職をしてみましょう。

おすすめの記事