絵画関係の仕事には絵を描くことを仕事にしている人もいれば、絵を見ているのが好きな人もいて、どちらの立場であっても絵画関係の仕事となります。

絵画関係の仕事で絵を描くのが好きな人は画家や漫画家、絵本など本の作家として絵画を描く仕事があります。

絵を描くのが好きな人は美大や芸大、専門学校などで学んだ人が多く、卒業後も絵画に関連した職業を希望する人が多くいます。

しかし、学校を卒業しても必ず絵画関係の仕事ができるとは限らず、絵画関連の仕事は倍率がとても高いとも言われています。

また、描かなくても良いが絵画に関連した仕事を希望している場合、学芸員や美術修復家、ギャラリストなどの職業を選ぶと、絵画に関わりながら働けます。

学芸員の場合、美術館や博物館などで働きながら作品や資料の保管を行い、展覧会の企画や開催準備などの段取りを行います。

美術修復家は、傷んでしまった絵画を修復する専門家であり、美大の保存修復過程を学んでいるのが条件です。

またギャラリストは、画廊などで絵画などの芸術作品を売るのを仕事としています。

自分自身が画家にならなくても絵画関係の仕事は多くあり、どのような形であっても絵画を常に身近に感じられるでしょう。

絵画関係の仕事は美大で学んだ経験をダイレクトに生かせる職種であり、就職後にさらなるスキルアップも期待できます。

おすすめの記事