絵を描く仕事と一言で言っても、非常に幅広い種類があります。

ここで、主な種類や収入相場をご紹介しましょう。

■デザインをする仕事

デザイン系の絵を描く仕事は、イラストレーターやキャラクターデザイナー、アニメーター、Webデザイナーなどが挙げられます。

会社に勤めているデザイナーの平均年収は、300~400万円程度と言われています。

フリーランスの場合は人によって仕事量や案件の内容が異なりますが、年収100~300万円以下の人が全体の過半数を占めています。

ただし年収1000万円以上の人も中にはおり、収入には個人差が大きいです。

アニメーターは平均年収300万円程度と言われていますが、実労働時間が長い上、新人の平均年収は100万円前後とかなり低い相場です。

■絵の描き方を教える仕事

美術の教師や予備校教師、絵画教室の先生など、絵の描き方を指導する仕事は多くあります。

小中学校や高校の美術教師の年収は300~500万円程度です。

■画家・作家

画家や漫画家、絵本作家などの絵を描く仕事では、どの出版社で連載をしているか、または本や絵の売れ行きによって収入は大きく変わってきます。

漫画家の平均年収は200万円前後と言われています。

原稿料が1ページ数千円~数万円と、バイトや副業を掛け持ちしている新人も多くいます。

絵を描く仕事には様々な種類があり、会社勤めかフリーランスかの違いや人気度などによって収入が大きく変動しやすい職種です。

おすすめの記事