絵を描くことが好きであったり、絵を描く仕事に就きたいと考えていたりする場合、どのような会社で絵を描く仕事ができるのか気になる方もいるでしょう。

絵を描く仕事はゲーム制作会社やデザイン会社、アニメ制作会社などがメインとなっていますが、ウェブ関連会社などでも絵を描く機会があります。

またテクニカルイラストレーターとして、自動車や機械製品を立体的かつ精密に描く職種もあり、絵を描くといっても様々なジャンルによって描く物が異なるでしょう。

ゲーム制作会社では、主にソーシャルゲームに関連したイラストをメインに描くことがあり、絵を描きたいと志願する人が多くいます。

デザイン会社では、スマホアプリ関連の絵を描く機会が多くなっていますが、アプリの人気によってイラストの需要が高くなるのが特徴です。

アニメーション制作会社では、アニメーションをメインにして絵を描くことが多いでしょう。

最近は、広告会社や出版社、新聞社などでイラストレーターを募集するケースもあり、絵と関係ない職種であっても絵を描く仕事はあります。

また会社に属さず、フリーランスのイラストレーターやアニメーターとして活躍している人も多く、会社という組織に入らなくても絵を描く仕事はできるでしょう。

会社はジャンルによっては狭き門となってしまうため、自由な環境で絵を描きたいならフリーランスもおすすめです。

おすすめの記事