美大や専門学校に入らず、独学でイラストを描く技術を学び、レベルアップする人は大勢います。

最近は書籍だけではなく、ウェブサイト、SNS、動画サイトなど様々な媒体でイラスト講座やメイキング講座が公開され、独学でも学びやすい環境が整っています。

しかし、独学には限界があることもまた事実です。

独学の場合、人に教えてもらうわけではないので全ての内容を自分で理解し、解決しなければなりません。

個人の価値観の中で学んでイラストを描いていくため、満足感ばかりが強まるでしょう。

自分にとっては満足な出来栄えであっても、実は他人から見ると違和感満載の作品に仕上がっているケースは初心者にありがちです。

そのため、独学の人は人から見てもらい、きちんと評価と指摘をもらった方が良いでしょう。

どこが変なのか気付ければ、改善するために何をすればいいのかが見えてきます。

また、独学で限界を感じるのであれば、専門学校やイラスト講座を受講するのがおすすめです。

現場を知るプロがテクニックを伝授すると同時に、イラストを学びたいという人が集まるため良い刺激を受けます。

また、添削も受けられるので、自分の強みや欠点を知り、欠点に対する具体的なアドバイスを受けられるメリットもあります。

最近は個人で添削を行うイラストレーターも多くいるので、欠点を知りたい人は添削サービスを利用してみるのも良いでしょう。

おすすめの記事