絵を描くことで生活しようと思ったら、コンスタントに絵を売らなければなりません。

ノウハウがないと絵の販売などできないのでは?と不安に思う方におすすめの、アートメーターをご紹介します。

個展やイベントなど絵を売る場はいくつかありますが、近ごろはSNSに絵を投稿し、販売活動をしている画家も多いようです。

しかし、知名度がないうちからSNSで販売を始めても、注目度が低いため上手くいきません。

その点、絵のオンラインショップであるアートメーターなら、知名度にかかわらず、絵を買いたい人が見てくれます。

見てもらえる機会が増えれば売れる確率も上がります。

絵を測り売りするアートメーターは、基本単価を設け、絵のサイズによって価格が決まり、購入実績に応じて画家レベルが上がるという仕組みです。

サイト内で画家レベルが上がると基本単価も上がり、最終的には自分で販売価格を決めることもできます。

アートメーターでの販売は国内だけでなく世界100ヵ国以上で行われているので、描いた絵をサイトに登録するだけで、世界の人に見てもらえるところも大きなメリットと言えます。

サイト上で絵が売れたら、作品をアートメーターに発送するだけで完了するので、煩わしい取引もありません。

絵を売りたいとお考えの方はぜひ一度、アートメーターを検討してみてください。

おすすめの記事