デザイン系の仕事と一口に言っても、デザインには様々な分野があり職種も非常に幅広いです。

美大や専門学校のデザイン学科を卒業した人たちの就職先も、多岐にわたります。

イラストデザイン系の就職先としては、イラストレーターや漫画家、ゲームのキャラクターデザイン、グッズ制作を行う企業などが挙げられます。

グラフィックデザイナーとして働きたい場合は、パンフレットやポスターなどのデザインの仕事がメインです。

就職先は、印刷・出版の関連会社やデザイン制作会社、広告代理店、メーカー制作部など様々です。

中には、エディトリアルデザイナーと呼ばれる雑誌や書籍などのデザインを専門とする仕事もあります。

映像系のデザインであれば、テレビや映画などのメディアで映像制作をする映像デザイナーや、CG制作をするCGデザイナーなどの就職先が人気です。

空間プロダクトデザインにおいては、商業施設やイベント広場など空間を広く使ったデザインを行う空間デザイナーの仕事などがあります。

その他にも、アパレルに就職してブランドデザインに携わる人や製品のパッケージデザインをする人、アートディレクターになる人など多くの就職先が考えられます。

それぞれの学生の興味関心や得意分野によって、デザイン学科の就職先は広く門戸が開かれていると考えて良いでしょう。

おすすめの記事