イラストレーターとして働く場合、直接会社の社員として働く方法以外にも、フリーランスのイラストレーターとして活躍する方法があります。

特に地方で活躍するイラストレーターの場合、多くがフリーランスの道を選んでいます。

イラストレーターとして地方で仕事をする場合、様々な手段で営業を行うのがポイントです。

誰でも自分の情報を発信しやすいSNSは、新しいイラストをすぐに公表しやすく、多くの人に見てもらえるきっかけも作りやすいのが特徴です。

またコストをほとんどかけずに興味を持ってもらいやすいでしょう。

ネット上でブログなどにイラストを紹介するのも、地方で働くためには有効です。

インターネットを使用してイラストを公開しながらも、自分のイラストをより多くの人に知ってもらうためには、各地で行われている公募に出すのもよいでしょう。

公募では条件や応募資格が限られるケースもありますが、さらにイラストレーターとして活躍できる可能性も秘めています。

他にもメールで企業に営業をするなど、インターネットを活用することで自分の足で動かなくても地方にいながらできる仕事は多いです。

イラストレーターの仕事をするなら、地方でフリーランスとして働くのも難しくないのがこの職種のメリットでしょう。

おすすめの記事