イラストレーターは、要望に応じたイラストを描くのが仕事です。

イラストの種類はウェブサイトやポスター、商品パッケージや雑誌などに掲載するものなどがあり、それに応じたイラストを仕上げていきます。

医療関係に特化したイラストを描くメディカルイラストレーター、工業製品マニュアルに掲載する図柄を描くテクニカルイラストレーターなど、専門的なイラストを描く職業もあります。

会社以外でも働きやすく、技術や経験があればフリーランスとしても活躍しやすいでしょう。

最近ではイラストレーターの需要も増え、自分らしさを表現して評価される仕事なので、やりがいを感じやすい職種でもあります。

イラストレーターになりたくても美大卒でなければなれないと思う人も中にはいます。

確かに美大を卒業してイラストレーターとして活躍している人は多く、美大で学ぶことで専門的な知識や技術、スキルアップも可能でしょう。

職種としての資格は必要ありませんが、美大卒業という経歴が評価に繋がる可能性は十分に高いです。

また多くの仕事がAIで可能になってきた時代であっても、イラストレーターに関してはAIでは代わりができないと言われています。

そのため、将来的にも安定していて、自分の作品を残していける職種ということです。

イラストレーターとして働きたいのであれば、誰にも真似できない技術やスキル、アイデアを身に付けるとよいでしょう。

おすすめの記事