イラスト制作の仕事につなげるためには、自分の売り込み(営業)が必要です。

しかし、どのように営業をすればいいのか知らない方は多いでしょう。

イラスト制作の仕事が欲しいのであれば、イラストレーターが最低限行うべき営業方法があります。

■ポートフォリオサイトを開設

イラストレーターの場合、ポートフォリオが自分の名刺となります。

自作のイラストや実績などをまとめて掲載し、自分をアピールしていきましょう。

最近はポートフォリオを制作できるサービスやテンプレートが充実しているので、ホームページ作成の知識が少ない人でも簡単にサイト作りが可能です。

また、他にもお問合せページや料金表を作っておくと、イラスト制作を求める人も依頼しやすくなるので用意しておきましょう。

■ブログやSNSを活用して発信する

イラストの仕事を受けるには、集客が必要です。

集客で活用できるものと言えば、ブログやSNSが挙げられます。

定期的に自作のイラストを公開すれば、見た人がリツイートで拡散してくれる可能性が高いです。

拡散をきっかけに多くの人の目に触れる機会が増えれば、仕事の依頼も来るようになります。

この他にも、描けるイラストの幅を広めたり、業界問わず人脈や仲間を増やしたりすることで、思わぬ場所から仕事の依頼が入る可能性があります。

まずは発信力を高め、イラスト制作の仕事につなげていきましょう。

おすすめの記事