絵画 売る

皆さんが描いた絵画どうしていますか?
お部屋に眠っていませんか?
せっかく描いた絵なのに、そのままにしておくのは本当に勿体ないです😢

ですので、今回は、そんな眠った絵画を目覚めさせるために、アプリを利用して、自分の絵画を販売できるアプリを紹介していきます!
アプリなら、ダウンロードしてそのまますぐに使用できるので簡単ですよね。

では、さっそく見ていきましょう!

絵画販売アプリの利点

アプリで絵画を販売する利点は沢山あります!
今回は3つの利点をあげて見ました!

利点1:コストが抑えられる

無料アプリなので、まずアプリを使うのにお金がからないので、コストがかなり軽減できます!
絵画を売る側がお金を払わないといけないのは、絵画が売れた時の手数料のみなのです。

利点2:取引がチョー簡単。

買いたい商品をタップして、購入ボタンを押したら、売買はそこで完了!

利点3:トラブルが生じにくい

トラブルが発生したら、アプリ運営側がトラブル解決に向けて動いてくれるので変にトラブルを起こす必要はありません。

アプリ内ではどんな絵画が売れている?

今人気の売れる絵画とはなんでしょうか?
ズバリ、”それは心あったまる作品“。

例えば、家族の似顔絵、動物の似顔絵のイラストオーダーなど。
また、結婚式や出産祝いなどのプレゼントも人気が高いのだとか。

それでは、どんなアプリがあるのか見ていきましょう!

1、creema

creemaの強み:海外へ進出しているということ

creemaは、2016年に海外進出を果たし、今や、アジア圏最大級のハンドメイドのマーケットになっています。

また、ほかの2つのアプリと比較して、クオリティーが高いことで有名です。客も、可愛いものというよりかは、高いけれど、品がいいものを求める30〜50代の利用が多いようです。

creemaの弱み:販売手数料が少し高め

販売手数料は過去の実績によって、8%〜12%と違いがあります。算定月以前3ヶ月の売り上げが9万円以上であれば手数料は9.5%になり、毎月7万以上売り上げがあり、合計で21万円以上あればさらに手数料は下がり、8%になります。


つぎにかかるのが振込手数料。
3万円までは172円、それ以上では270円かかります。

minneやBASEの手数料も下に書いていますので。見てみてください!

アプリはこちらから

2、minne

minneの強み:人気になれるチャンスの機会が多い

定期的に “minneハンドメイド大賞”などのイベントが沢山行われています。
毎年春に大規模なリアル販売イベントが開催されています。去年の3月に開かれたminneハンドメイドマーケット2019では2日間で約1700ブース、15万点以上の作品が展示、販売され、来場者は

creemaは、クオリティーが高いものが多いのに対して、minneは可愛いもの、トレンドのもの、手軽に購入できるものが多いのが特徴的です。

minneの弱み:売上金が勝手に振り込まれる

「売上金が勝手に振り込まれる=振込手数料220円がかかる」

creemaやBASEは自分が売上金が必要な時に振込申請をすれば、振り込まれるのですが、それに比べて、minneは、振込申請ができません。
なので、たとえ売上が1000円だったとしても220円とられてしまうのです。
毎月毎月これが続くわけですから、ちょっときついですよねえ😥

アプリはこちらから

3、BASE

BASEの強み:販売手数料が安い、取り扱いジャンルが広い

minneの販売手数料は、10.8%。
creemaの販売手数料は8〜9.5%。
そして、BASEの販売手数料は、6.6%+40円

こう見てみるとと、+40円というのは特殊ですね。
3万円以下の商品だと実は他のアプリと比較してもあまり変わりません。
3万円以上になると他のアプリと1000円ほど値段が変わってきます。

しかもジャンルにとらわれないこともBASEの強みになります。
creemaやminneは、ハンドメイド作品という縛りがありますが、BASEは、
・ファッション
・インテリア
・エンタメ、ホビー
・コスメ
・家電、スマホ
・スポーツ、レジャー
・ハンドメイド
・食べ物、飲み物
・その他

こんなにも取り扱いジャンルがあります。
絵画ももちろん販売できますよ💘

BASEの弱み:個人で頑張らないといけない

BASEを使用するにあたって、1番肝心なことは、集客をしなければいけないということ。
creemaやminneは、集客をモール自体がしてくれているので、簡単に集客することができるのです。

集客となると、かなりの労力が必要とされるのです。
それを1人でなるとすると、、、、かなり大変です。
ある程度名が有名になってから始めるのが良さそうです。

アプリはこちらから

終わりに

いかがでしたか?
みなさんのお家で眠っている絵画、起きてこれそうでしょうか?

アプリをダウンロードしてすぐに始められるので、始めるかどうかなんて迷っている暇なんてありません!
今すぐ初めてみてください。
絵画を販売して売れている方は、このようなアプリを何個も使っているようです。
アプリの掛け持ちは管理が大変なので、まずは1つのアプリから初めて見て、そこから何個かのアプリを同時に使うのをオススメします。

いろんなサイトを比較した記事も準備したいと思っているので、またお楽しみにしていてください!!

ではみなさん!今すぐ眠っている絵画を目覚ませてあげてくださいね!

おすすめの記事